在宅・訪問診療

訪問診療とは

通院困難な患者さんが過ごす自宅もしくは施設などに、医療者が訪問して、医療継続することを
在宅医療と呼びます。

訪問診療をうけることができる人は?

通院困難な患者さんであれば若い方からお年寄りまで、病気の種類や
障害の種類に関係なく受けることができます。

うつ病や統合失調症などで外出困難な方、さらには様々な難病の方や癌の方、
超高齢の寝たきりの方まで実に様々な方に在宅医療は提供されています。

自宅で過ごしている方がほとんどですが、中には施設に居住されていて、
その施設に医療者が訪問しているという方もいらっしゃいます。

定期診療と往診

患者さまの症状により医師の判断で診療回数を決めて定期的に診療に伺います。
急に体の具合が悪くなった時には必要に応じて往診に伺います。

※交通費は時間帯により別途請求させていただきます。

緊急時の対応

緊急時には訪問看護ステーションと連携して24時間対応しております。(電話及び往診)

お問い合わせ

直接担当のケアマネージャーがいらっしゃる方は、ケアマネージャーにご相談ください。
また、ケアマネージャーの他、病院の医療相談員(ソーシャルワーカー)、訪問看護ステーション、
訪問介護、薬局など他職種からの相談にも応じております。

訪問診療の費用

1割負担の高齢者の場合、訪問診療にかかる費用は、月二回の訪問診療で投薬などが無い場合で、
5,000 ~ 8,000 円程度となることが多くなっています。(3割負担の方は、この3倍となります)
在宅医療は各種保険が適用されます。保険の種類により、自己負担額が異なります。
対象 公費負担に
より無料
高齢者 一般
負担割合 0割 1割 3割 3割
月額負担額(平均) 0円 約8,000円 約24,000円 約24,000円
高額療養費制度による
自己負担限度額(上限)※
0円 12,000円 44,400円 80,100
+超過1%

1) 標準負担額は月2 回訪問および24 時間緊急体制に対する1 ヶ月あたりの負担金額です。

2) これ以上の負担金が加算されることはございません。

【説 明】

高齢者の場合医療費負担の上限(1割負担の方は12,000 円、3割負担の方で44,400 円)が決まっていますので、このほか検査や複数回の往診やいろいろな治療をうけたとしても、1ヶ月あたりの診療費の自己負担は、概ね1割負担の方で6,000 円~ 12,000 円程度、3割負担の方の場合、18,000 円~ 44,400 円程度となるとお考えいただければと思います。

bg2